グアムでレンタカーを借りてみた!~申し込みから返却までの体験談~

先日、初めてグアムでレンタカーを借りてみました♪

グアムに行くのは5回目でしたが、レンタカーを借りるのは初めて!

アラフォーの英語はほぼ話せない私でもレンタルする事ができました!

レンタカーを借りた感想や、申し込みから返却までの流れを、詳し~くお伝えしたいと思います!

 

 

まずは、予約から!

どこで、予約しよう?

とりあえず、ネットで検索!

条件は・・・

 

①空港で借りれて空港で返却可能なこと!

※今回の旅行はツアーではなく、航空券とホテルを別々のサイトで予約したので、当然送迎はありません。

②ちゃんとしてそうなとこ!

※なんとなく・・・見た感じ・・・雰囲気的に・・・

 

色んなサイトを開いたり、口コミを見たり・・・

結局゜:*★グアムのオプショナルツアー予約VELTRA★*:° さん経由で日産レンタカーで予約しました。
わざわざVELTRA(ベルトラ)さん経由にした理由は・・・

①VELTRA(ベルトラ)さんを通した方が、ほんの少し安かった!

②帰国後、何かトラブルが発覚したとしても間に入ってきちんと対応してくれそうだから!(口コミを見てそう思ったのと、私がした質問に対する回答がとても速く丁寧だったから)

 

そんなこんなで、5人乗りで、スーツケースを4個のせても大丈夫そうな、ローグを予約。

1月4日からの利用だったので、念のため2か月前に予約しました。

24時間で68ドル×3日=204ドルです。(23000円ちょっと)

予約時にクレジットカードで支払完了です。

 

予約は、すんなりできたのですが、グアムについてからの受付や場所がいまいちホームページだけではよくわからず、ちょっと不安でした。

なので、実際どうだったかをここで詳しく書いておこうと思います。

まずは、グアム到着!

入国審査と税関検査を終え出口へ。

すぐ前に、色んなカウンターが並んでいます。

右斜め前方向に、ニッサンレンタカーのカウンターがありました。

混んでて、時間がかかったら嫌だな~と思っていましたが、並んでいたのは2組だけ!

口コミでは、ここでかなり時間をとられた方もいたみたいですが、ラッキーな事に意外と少なかったです。

印刷して持ってきていたバウチャー(予約確認書)を用意。

カウンターにはスタッフが2人いましたが、どうやら日本人ではなさそうです。

英語は、ほぼ話せないけど大丈夫か!!!

 

10分ほど待って、順番が来ました。

まずは、バウチャーを渡します。

そのあと

スタッフ「・・・ライセンス、・・・クレジットカード・・・」←ここだけはっきりわかった。

私→  免許証とデポジット(預り金)の為のクレジットカードを渡す。

スタッフ「・・・・・・サイン・・・」 申込書控えみたいなのを渡される。

私→  しるしの所にサイン。

スタッフ「・・・サイン・・・」 事故などがあった時の免責金額らしきものなどが書かれた紙を渡される。

私→  またまたサイン

サインした紙の控え2枚と、日本語で書かれた「緊急時の注意」と書かれた紙をわたされます。

スタッフ「・・・ウェイト ア ミニッツ・・・スタッフ・・・カム・・・」

ちょっとそっちで待ってて!スタッフくるからってことですね。 多分・・・

渡された紙を片手に、数分待っているとやってきました。

真っ赤な服を着たがたいの良いスタッフが・・・

スタッフに連れられ、右手の出口から外へ。

駐車場に移動です。右斜め方向に向かって歩きました。すぐです。

この車です。

けっこうこすった跡がありました。

ここで、地図をもらっていないことに気づき、私だけさっきの受付にもどります。

「Do you have  ドライブ マップ・・・ロードマップ・・・」 通じました(^_^)v

その間に、車の傷のチェックをおおまかにしたそうです。

ここでもサイン!

※ちなみに、オプションでカーナビやチャイルドシートなど、色々つけれます。

結論から言えば、カーナビなくても地図で全然OK!

いざ出発です!

さてさて、左ハンドルですよ~♪

ハンドルが左と言うよりは、右側走行ってことに戸惑いました。

右折の際は、ほとんどの交差点で常時可能。←これ、最初はかなりびびりながらの右折!

運転の際の基本情報は、A4サイズの紙に半分もありません。

えっ、これだけって感じです。

心配な方は、事前に調べていくと良いかもしれませんが、ぶっつけ本番でもなんとかなりました。

車も、そこまで多くないので走りやすい。

ウェスティンホテルが見えます。

こちらのロビーは静かで綺麗(ちょっと高級感あり)だった記憶が残っています。

 

今回宿泊した、ヒルトンホテルの駐車場です。↓

奥には、ナイター設備が整ったテニスコートも!

停めてはいけない所など、わかりやすく表記されてあったので空いてるところを探して停めました。

ヒルトンホテルは、タモン(中心地)から少し離れていますが、レンタカーだと全く問題なし!

今まで、行ったことがなかったハガッニャ方面にも!

海沿いを走るだけで、テンションあがります!

2日目3日目には、すっかり運転も慣れてきます。

ショッピングの際に駐車場に停めるのも、日本のように駐車券を取って・・・とか1回もなかったです。

駐車場がいっぱいで停めれないってこともありませんでした。

グアムで移動となると、赤いシャトルバスかタクシーになると思うのですが、どちらにしても待つのがめんどくさい。

その点、レンタカーはめちゃくちゃ自由です。

 

絶対おすすめ!

 

また、次行く時も100%レンタルします!

ちなみに、ホテルの駐車場で乗り捨ても可能。

※ホテルにより、できない場合もあるので要確認!

 

返却前にガソリンを満タンにします。

これも、走行中に見つけたスタンドにふら~っと寄りました。

スタンドのスタッフの人が給油してくれて、お金を渡して終わり。

※満タンにして返却しなかった場合、デポジットから請求されます。

 

返却の時が来ました~。

返す場所は、初めに乗った場所です。

受付でもらった地図に書かれています。

なんとな~くそっち方面に走らせ標識を見ながら、最初の場所にたどり着きました。

すると、あの赤い服を着た日産レンタカースタッフが6~7人います。

もちろん、日本語は通じません。

スタッフ「・・・リターン?・・・」

そうそう、それそれ!

スーツケースをおろし、別のスタッフが車に乗り込んで移動させていました。

スタッフ「・・・デポジット・・・クレジットカード?・・・」

私 →デポジットはクレジットカードで?と解釈し、返事をすると、

スタッフ「OK!フィニッシュ」 だって・・・

これでいいの?  いいんでしょ、多分「フィニッシュ」言うてたし・・・

 

半信半疑で出発ロビーに向かいました。

向かって右手です。

入口を入り航空会社のカウンターで荷物を預けた後はなかなか進まず、ゲートに着くまでにけっこう時間をとられました。

余裕をもって行きたいですね。

 

帰国後、申込書に書かれていたデポジット100ドルが気になっていたのですが、請求はなかったです。

口コミで、「ガソリン入れたのに請求された・・・」と言う方もいたようなので、念のためチェックはしたほうが良さそうですね。

 

こんな感じで、無事レンタカーを借りて旅を満喫する事ができました♪

時間のロスもなく、とても充実した旅になりました。

グアムに行かれる方にはぜひお勧めしたいです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です