マリーナ・ベイ・サンズのプレミアルームに泊まった感想♪

こんにちは!

いつか、泊まってみたいな~と思っていたシンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」!!!

行ってきました!

部屋タイプはいろいろありますが、今回泊まったのは、下から2番目のプレミアルーム!

下から2番目とは言え、十分満足できるお部屋でした♪

 

お部屋の中やアメニティなど紹介したいと思います。

参考になればうれしいです。

 

マリーナ・ベイ・サンズのプレミアルームって?

今回は、 マリーナベイサンズ公式ホームページから予約したのですが、その際悩んだのが、どのタイプの部屋にするかって事!

階数や部屋からの眺めとかは、ぶっちゃけなんだっていい。

 

とにかく、マリーナ・ベイ・サンズに泊まってあのプールに入れたら、もうそれで大満足だったので、1番安い部屋を予約しようと思いました。

ただ、気になったのが、1番安いお部屋にはバスタブがついてない!!!

 

どうしても湯船につかりたいので、それで下から2番目の部屋にしました。

それが、プレミアルーム!

  • プレミアルームの広さは42㎡~。
  • 最大3名まで宿泊可能。
  • 深めのバスタブ

 

ちなみに、一つ下のデラックスルームは・・・

  • デラックスルームの広さは30㎡~。
  • 最大3名まで宿泊可能。
  • ガラス張りのシャワースペース。

 

最低価格で比較すると、1泊S$30(約2500円)違います。

お部屋の入り口はこんな感じで、入って右側手前に洗面台やトイレ、バスルーム。

その奥の壁が、クローゼットのようになっていて、金庫や引き出し、ハンガーがあって洋服を掛けれるようになっています。

お部屋は、清潔感があり明るいです♪

このベッド、とにかく気持ち良くてぐっすり眠れました♪

こんな感じで、タオルでかわいくしてくれています。

公式サイトをよく見ると、眺望を指定することもできたようですが、それを知ったのは、帰ってきてから。

特に指定しなかったのですが、実際泊まった部屋は、16階のシティ側でした。

窓からの眺めが良くて、私としては大満足でした♪

 

マリーナ・ベイ・サンズのプレミアルームのアメニティ

ホテルに宿泊するときって、アメニティがちょっと気になったりします。

だいたい、一通りのものは揃っていました。

 

歯ブラシ、くし、かみそり、シェービングクリーム、綿棒、爪やすりと棒? コットン(丸い奴)、シャワーキャップ、ヘアゴム、映ってないけど石鹸やボディクリーム・・・

 

シャワールームには、シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ。

これ、めちゃくちゃ好きな香りでした♪

WHITE TEA & ROSEって、書いてあります。

 

海外のシャンプーやボディソープって、香りがきつくてあまり好きではないので、ほぼ使わないのですが、今回の香りはすごく良かったです。

ボディクリームも同じ香りでした。

 

他には、ドライヤーやスリッパやバスローブなど・・・

このバスローブを水着の上に羽織って屋上のインフィニティプールに行く人がけっこういたのには、びっくりです!

 

冷蔵庫の中は、こんな感じで飲み物がぎっしり・・・

取り出すと、自動的に料金が加算されるので注意が必要です。

お酒を飲んだのですが、チェックアウトの時に、飲んだかどうか確認してくれました。

空いているスペースは少ししかないので、外で買ったものをたくさん冷やすのは無理っぽいです。

以前は、このスペースがなかったようですが、改善されたのかな?

宿泊後に届いたメールでのアンケートの項目が、けっこう細かかったので、その都度いろんなことを良くしてるのかな~って勝手に思いました。

ミネラルウォーターは、毎日6本置いてあるので、滞在中不自由なしでした。

たしか、チェックインの時に「ティーパックの珈琲・紅茶、ミネラルウォーターは無料です」って言われた気がするんですが、珈琲・紅茶は暑かったし全く飲まずでした。

 

マリーナベイサンズ・ロビーの雰囲気

1階のロビー階の雰囲気。

細長いので、ロビーって言う感じがあまりしませんでした。

↑こちらは、タワー1側です。

ロビーを歩いていても、レストランの雰囲気は全く分からなかったけど、いがいと広いんだな~。

外から見ると、入りにくい雰囲気だったけど、全然そんなことなさそうですね。

次、機会があれば朝ごはん食べたいです。

タクシーで、マリーナベイサンズに行くときは、降りる場所を聞かれると思うので、事前にわかっていた方がいいかもしれません。

歩けばいい話ですが・・・

マリーナベイサンズのカジノ

はっきり言って、あんまり興味ないカジノですが・・・

とりあえずは、雰囲気見に行きました。

入るたびに、パスポートをチェックされました。

そして、出る時も・・・

出るとき、けっこう並んでたりします。

今まで行ったカジノの中で、一番厳重でした。

一体、何をチェックしてるんやろ???

カジノ自体はめちゃくちゃ広いです。

珈琲やあったかいお茶のサービスがあります。

みんな、すごい勢いでお金かけてなくなって・・・の繰り返し。

これで、勝つってあるんだろうか・・・?

お金、もったいな~(;´Д`)   だったら買い物したいって思います。

やっぱり、私には向いてないな~と。

マリーナベイサンズのプール

マリーナベイサンズ最上階(57階)にある、全長150mのインフィニティープール!!!

営業時間は午前6時から午後11時まで。

宿泊者限定!

あ~!これが見たかった~!

ちょっと曇ってます・・・

1月のシンガポールは、一応雨季との事だったので天気は期待していませんでしたが、思った以上に良かったです。

急なスコールに備えて、常に折り畳み傘は持っていましたが、滞在中傘を差したのは3回くらいで、それも数分だけ。

湿度はめちゃくちゃ高かった~ (*´Д`)

さすがに、プールに入るときは寒かったのですが、1度入ってしまえば耐えれました。

プールの反対側には、小さいですが、ジャグジーもあります。

午前中にプールに入りましたが、チェアーが空いてなくて、しばらくウロウロ・・・

ちょうど、帰る人がいたので、座ることが出来ました。

お昼ぐらいになると、ちらほら空いているところがありましたよ。

それにしても、不思議な光景・・・

ばしゃばしゃ泳ぐところではないので、そんなに長居もしませんでしたが、とにかくみなさん写真を撮りまくっている感じでした♪

↑奥の、1段上がって柵があるところはキッズ用プールになっています。

ちなみに、夜は夜景がきれい♪

 

なかなか見れない景色に、テンション上がりっぱなしでした。

プールサイドでは、ホワイトサングリアとマンゴージュース、パイナップルジュースを頼んだのですが、サービス料・税金も入れると3000円くらいでした。

マリーナベイサンズ公式ページにプールサイドメニューが乗っていたので、紹介しておきます。

 

☆am7:00~am11:00 朝食メニュー

☆am11:30~pm10:00までのメニュー

ここに、サービス料10%とGST(消費税)7%がプラスされます。

 

 

マリーナベイサンズのプールは、宿泊者しか利用できません。

利用の際は、チェックインの時にもらうルームカードキーが必要になります。

エレベーターで最上階まで上がるときにも、ルームキーをかざしてからじゃないと階数のボタンが押せません。

最上階に着いたあとも、駅の改札口みたいになっていて、いちいちカードをかざさないと通れません。

一人1枚必要なので、忘れないようにしないとめんどくさいことになります。

タオルは、使い放題です。

特に、ルームナンバーを言うわけでもなく、綺麗に積まれてあるタオルを自由に取って使うシステム。

使用後は、返却ボックスがあるので、そこに返します。

 

それにしても、インパクトがすごかったな~。

やっぱり次も、ここに泊まりたい!

そんな、ホテルでした♪

 

マリーナベイサンズ・タクシー乗り場での出来事

今回の旅行で、1回だけだまされた気分になりました。(実際だまされたのか?)

それは、ホテルのタクシー乗り場からシンガポール・チャンギ空港にできた大型複合施設「ジュエル」に向かうときのことです。

今回の移動はすべてタクシーだったのですが、この時も同様にタクシー乗り場に行きました。

タクシー乗り場の案内の方に促された乗ったのは「アルファード」でした。

めっちゃ広いし、乗り心地は良かったのですが、社内を見回すと窓のところになにやら料金表のようなものが・・・

何気に見てみると、空港までがS$60って・・・?

なんかリムジン料金みたいな感じなんですけど・・・( ゚Д゚)

一応、メーターはあるけど、なぜか運転手さんのほうを向いてて、後ろから表示が見えへんし・・・

なんか嫌な予感が・・・

 

あっという間に「ジュエル」に到着!

運転手さん、一瞬考えて「S$60です~」って・・・

私「えー!高すぎるんですけど・・・」

運転手「これ、リムジンだから、 てへっ(*´з`)」みたいな・・・

 

( ゚Д゚) いや、さき言えよ~!

 

けっきょく、払いました・・・英語でうまく話せないし・・・

運転手さん、超ご機嫌で見送ってくれました(-_-) そりゃそーなるよね・・・

少々、いらっとしましたが、「ジュエル」の滝が速攻で気分を変えてくれましたー♪

うわ~!テレビでやってたやつや~(*´▽`*)

ここも良かったな~♪

「ジュエル」については、また後日書きたいと思います。

 

帰国日・・・

早朝6時過ぎ、ホテルのタクシー乗り場へ。

やってきたタクシーは・・・

 

ぎゃ~!( ゚Д゚)  あの時の、アルファード!!!

 

 

「リムジンいらんから~」って、かたことの英語で言うも

運転手「大丈夫、大丈夫・・・」みたいな・・・

「メーターで行ってくれんの?」って確認すると、「OK,OK」って感じで・・・

半信半疑で乗車。

今回は、メーターが動いているのをしっかり確認しました。

 

そして、空港到着!

料金は、S$25くらい。 なんと半分以下。

端数があったので、少し多めに渡しましたが、運転手さんの不服そうなこと・・・

あの日、私たちを見送ってくれた満面の笑顔はいったいどこへ・・・(*´Д`)

最後の最後で笑ってしまいました。

 

ちなみに、シンガポールに詳しい人に聞いたところ、タクシーのぼったくりってほぼないらしいです。

バリ島やフィリピンだと普通にあるイメージですが・・・

 

次は、MRT(電車)での移動にも挑戦したいな~!

 

読んで下さり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です